コンタクトレンズワンデー使い捨てレンズがおすすめ

コンタクトレンズ通販 レンズアップル

コンタクトレンズワンデーについて

コンタクトレンズワンデー

ソフトコンタクトレンズを使用されている方の多くが、1日使い捨てタイプのワンデーコンタクトレンズを愛用されているようです。
長期間使用できるものと比較すると、コストパフォーマンスは良くないとされますが、着け心地や手軽さという面ではとても快適ですよ。

ワンデーコンタクトとは?

 

ワンデーコンタクトとは、その名の通り1日使い捨てのコンタクトレンズになります。
ハードコンタクトレンズにワンデータイプは存在しませんので、ワンデーコンタクトといえば、ソフトコンタクトのことを指すことになりますね。
朝、装着して、夜、捨てるだけ。というレンズケアが一切必要ないことが最大の特徴ではないでしょうか。

長期使用コンタクトと何が違う?

 

コンタクトレンズワンデー長期とどのように違うのか

ソフトコンタクトレンズは眼球を覆う面積が広い設計になっていますね。

 

このため、裸眼やハードコンタクトと比較すると、目に必要な酸素を通しにくいという欠点はあります。

 

ですが、ワンデーコンタクトはレンズケアが不要であるため、ケアに耐えるだけの耐久性を持たせる必要がなく、とても薄く酸素透過率を高くできるということがいえます。

 

ソフトコンタクトには、長期使用可能タイプのものですと使用期間は1〜2年にも及びます。

 

これだけ長い間、新品と同じ着け心地を保つことは、どんなに丁寧な取り扱いをしていても難しいといえますし、必要不可欠なケア用品も定期的に購入しなければなりませんね。

 

ワンデーコンタクトはコスパが悪い。と考えられがちなのですが、手間がいらないことや常に新品であること、ケア用品不要と考えると、決して割高とはいえないのではないかと思います
そして、万が一紛失や破損したときにも、常にスペアが手元にあるということは、とても安心ですね。

 

ワンデーコンタクトのデメリット

コンタクトレンズワンデーのデメリット

前述した、ケアがいらない、いつでもレンズが新品、替えのレンズが用意されている。ということはメリットですが、デメリットもいくつかあります。

 

数ヵ月分をまとめて購入してしまってから、度数が変わってしまったり、長時間使うようになってみるとレンズとの相性があまり良くなかったりすることはあります。

 

また、ワンデーコンタクトは大量生産品になりますので、時折りレンズが破損している場合やレンズが入っていないという不良品に当たってしまうこともあるのです。

 

どんなものにも一長一短はあると思いますが、コンタクトの管理が面倒と感じている方にはワンデーコンタクトはおススメできると思います。


1dayコンタクトのランキング

 

ワンデーならレンズアップル