コンタクトレンズワンデー使い捨てレンズがおすすめ

コンタクトレンズ通販 レンズアップル

開封後はすぐに装着。使用後はすぐに処分

コンタクトワンデー

ソフトコンタクトレンズのワンデーを利用するときの注意点として一番重要なものは、開封したらすぐに装着し、使用後はすぐに処分するということがいえます。

 

ここではその理由と、なぜそれを怠ってしまう人がいるのかを説明します。

 

開封後にすぐつけることは問題ないが…

コンタクトレンズワンデー

まず、開封後にすぐつけるということはほとんどの人がやっています。

 

コンタクトレンズの蓋を開封したままどこかに出かけるという人の話は聞いたことがありません。

 

しかし、間違えて開けてしまって、その時は使わないけど翌日使おうと思って放置している、という方はいるかも知れません。

 

これは非常に危険です。

 

まだ使用していないものであっても、コンタクトレンズは開封してしばらく放置していると、どんどん雑菌がたまってしまいます。

 

その状態で翌日装着したりすると、目に雑菌を塗りたくっているようなものなのです。なので、開封してからしばらく時間がたったコンタクトレンズは、たとえ未使用といえども絶対使わないようにしましょう。

使用後は再利用できない

 

お金がないからコンタクトレンズを外して再利用するという方はたまにいますが、これは絶対にやってはいけないことです。

 

ワンデーのコンタクトレンズは1日しか持たないようにできており、これを再利用してしまうと目に大きな負担がかかり、眼病の原因にもなります。

 

ほとんどつけてなかった場合は再利用できる?

コンタクトレンズワンデー再利用できません

 

一方、一日つけた後ではなく、ほとんど付けていなかった場合再利用してもいいのか?という意見もあるかも知れません。しかし、これもダメです。

 

たとえばつけようとして失敗して、もう一度挑戦するというならまだいいでしょう(この場合も、まつげなどの雑菌がついていることが多いので、もう一度しっかり洗浄してください)。

 

これに対して、ほんの少しでも、たとえば1時間でもつけていた場合は、これを再利用するということは禁止されています。
再利用した瞬間に目が病気になるということはもちろんないですが、確実によくありません。

 

100円の損失よりも目の健康を大事にする

 

ワンデーのコンタクトレンズは一枚ムダにしたところで、所詮100円の損失です。もしかしたらもっと小さいかも知れません。それと目の健康とどっちを大事にするかといったら言うまでもないでしょう。


1dayコンタクトのランキング

 

ワンデーならレンズアップル