コンタクトレンズ ワンデー

コンタクトレンズ通販 レンズアップル

おすすめワンデーコンタクトレンズ

 

コンタクトレンズのワンデーアキビュー

 

毎日を自由に快適にしてくれるコンタクトレンズワンデーのアキュビュー

 

 ・目にフィットするやさしい着け心地
 ・UVカットで紫外線B派を約97%・紫外線A派を約81%カット
 ・着けやすく、はずしやすいコンタクトレンズの形に設計
 ・含水率が58%たっぷりの水分がやさしい着け心地に!
 ・酸素がたっぷり通る高い酸素透過性で目の健康を考えています。

 

ワンデーアキビュー送料無料

 

 

コンタクトレンズのメダリストワンデー

 

にじみ・ぼやけの原因を軽減、鮮やかなHD品質に視界が実現

 

 ・独自の非球面レンズデザインHDオプティクスがシャープで鮮明な視界
 ・「コンフォート モイスト テクノロジー」で、涙のうるおいが夜まで続く
 ・形状保持性が高く、つけはずしが簡単

 

メダリストは2箱から送料無料

 

 

コンタクトレンズのネオサイトワンデー

 

ネオサイトワンデーは国内でも最薄のコンタクトレンズワンデー

 

 ・国内ワンデー最薄でレンズ周辺部の厚みも全度数均一に設計
 ・薄く丸みのある滑らかな形状に仕上げているので、より瞳にフィット
 ・昼夜、遠くも近くも安定した見え方

 

送料無料のネオサイトワンデー

 

瞳を大切にしていますか?

コンタクトレンズのワンデー

体の一部の瞳を大切にしないっていう方はいないはず、コンタクトレンズはその瞳に直接つけるものだからいいものを選びたい!当たり前のことですね。

 

コンタクトレンズは使用上の注意を良く守って使わなければ瞳を傷つけたり目のトラブルを招いたりします。

 

コンタクトレンズを使用している方の中には毎日の洗浄を怠ったり使用期間を守らないという人がいます。

 

そういう方は目を傷めてしまったり目の病気になってしまったり目に大きな後遺症を抱えてしまうという最悪のケースになってしまうこともあります。

 

毎日の洗浄・使用期間を気にしないでいいのがコンタクトレンズワンデーなのです。

 

コンタクトレンズワンデーだと使い捨てになるのでコンタクトレンズを洗浄ケアなどしなくてもいいし使用期間はその日が終われば捨てるので気にしないでも大丈夫!

コンタクトレンズワンデーの魅力

ワンデーコンタクトレンズの魅力

ワンデーのコンタクトレンズは、今カラーコンタクトの世界でも主流になりつつあります。

 

すでに普通のコンタクトレンズではワンデーが主流ですが、その流れはカラーコンタクトでも確実に起きています。

 

ここではワンデーのメリットや魅力を説明します。

 

ワンデーなら洗浄をしなくていい

 

やはり何と言ってもこれでしょう。コンタクトレンズを毎日洗浄するというのは非常にやっかいです。

 

洗浄の仕方を間違えて小さなゴミなどが入ってしまうと、ものすごく痛くなります。

 

すぐに外してまた洗浄するわけですが、一度つけたコンタクトレンズを外してまたつけるというのは、コンタクトレンズが洗浄液でフニャフニャになってしまい、とてもつけづらいのです。

 

朝の急いでいる時間などにこういう状態になると非常にストレスがたまりますが、その点ワンデーならこういう面倒くさい作業をしなくて済みます。

 

これはコンタクトレンズワンデーを使う大きな魅力ということができるでしょう。

コンタクトレンズワンデーは、保管をしなくていい

 

コンタクトレンズ保管

普通のコンタクトレンズの場合、専用のケースに入れて保管をする必要があります。

 

ケース自体は小さなものですが、それでも旅行に行った時や出張に行った時など、これをなくしてしまうことはしばしばありますし、もしなくしてしまうと、その日の夜コンタクトレンズをしまう場所がなくて困るということが非常に多いです。

 

 

このケースがないと洗浄してもしまう場所がないため、実質コンタクトレンズを外せないということになるのです。(外しますが、翌日はメガネを使わないといけないということです)

利便性は明らかにコンタクトレンズワンデーが上

 

コンタクトレンズワンデーの魅力

このように考えると、コンタクトレンズの利便性は間違いなくワンデーが一番上だといえます。

 

度ありのワンデーに慣れている方の場合、もう普通のコンタクトレンズに戻ることは考えられないというレベルでしょう。

 

カラーコンタクトを使う方の中でもそういう方が増えたので、カラーコンタクトでもワンデーが今主流となりつつあります

 

コンタクトレンズワンデーはコストが高いのが

 

コンタクトレンズワンデーやや難点

最近はコンタクトレンズワンデーのコストもだいぶ下がってきましたが、それでもやはり普通のコンタクトレンズに比べるとやや割高なことは多いです。

 

特にカラーコンタクトの場合はまだコンタクトレンズワンデーの歴史が浅いのでなおさらでしょう。しかし、これも今後どんどん安くなっていくといえます。

1dayコンタクトのランキング

 

ワンデーならレンズアップル